過払い金について

Permalink

今現在、借金とは無縁の方も、いつ何時トラブルに巻き込まれるか分かりませんので、知識として借金問題について知っておくと良いでしょう。よく耳にする「過払い金」こちらも借金問題の一つになります。

お札過払い金とは、その名前の通り、「払いすぎているお金」ということになります。以前、お金を貸す際、出資法と利息制限法という二つの法律で利息の上限は異なっていました。その為、ほとんどの貸金業者が高い方の上限金利で利息をとり、お金を貸していました。出資法の上限利息から、本来の法律で決められた上限利息までをグレーゾーン金利と呼び、本来払う必要がなかった、取られすぎていた利息が「過払い金」であり、出資法と利息制限法の利息の差額のことになります。これは、返金手続きをすることで、手元に戻すことができるお金となります。完済された方も、最後の取引から一定期間経過していなければ、後からでも取り戻せるお金です。心当たりがある方は、すぐに弁護士に相談するようにしましょう。知らずにお金が戻らないということは非常にもったいないです。どちらか分からない場合でも、弁護士に相談することは可能ですので、以前借金をしたことがある方は、相談されると良いでしょう。