法律事務所の弁護士無料相談サービスで借金返済

無料相談を活用しよう

Permalink

家法律事務所の弁護士に相談できることは、過払い金に限りませんが、特に多い相談内容として、任意整理、民事再生、自己破産等の借金問題があります任意整理とは、借金の取引時までさかのぼり、利息制限法の上限金利に引き下げて借金減額をした上で、金利をカットしたりすることで、貸金業者と和解を結んで返済額を減額し、返済を続けていきやすくするという借金を整理する手続きになります。

民事再生とは、住宅等の財産を維持したままで、減額された借金額を分割して返済していく方法です。減額との借金を完済することで、再生の際に対象となった借金は、法律上返済義務が無くなることになります。これは自己破産とは異なり、全額の返済義務が無くなる訳ではありませんが、自己破産のように住宅のような高額財産が処分にかけられることもないという特徴があります。そして自己破産ですが、これは、支払い不能であることを裁判所で認めてもらうことで、法律上、借金返済義務が免除されるという手続きです。

借金問題にちて、少しでも知識を持つことで、弁護士に無料相談もしやすくなります。何か起こってからでは遅いこともありますので、無料相談を活用する為にも、知識を持っておくと良いでしょう。

過払い金について

Permalink

今現在、借金とは無縁の方も、いつ何時トラブルに巻き込まれるか分かりませんので、知識として借金問題について知っておくと良いでしょう。よく耳にする「過払い金」こちらも借金問題の一つになります。

お札過払い金とは、その名前の通り、「払いすぎているお金」ということになります。以前、お金を貸す際、出資法と利息制限法という二つの法律で利息の上限は異なっていました。その為、ほとんどの貸金業者が高い方の上限金利で利息をとり、お金を貸していました。出資法の上限利息から、本来の法律で決められた上限利息までをグレーゾーン金利と呼び、本来払う必要がなかった、取られすぎていた利息が「過払い金」であり、出資法と利息制限法の利息の差額のことになります。これは、返金手続きをすることで、手元に戻すことができるお金となります。完済された方も、最後の取引から一定期間経過していなければ、後からでも取り戻せるお金です。心当たりがある方は、すぐに弁護士に相談するようにしましょう。知らずにお金が戻らないということは非常にもったいないです。どちらか分からない場合でも、弁護士に相談することは可能ですので、以前借金をしたことがある方は、相談されると良いでしょう。

法律事務所でできる事

Permalink

法律事務所に一度も足を踏み入れたことがないという方でも、今後弁護士に相談しなければいけないトラブルや案件が生じてしまう可能性があります。そもそも、どんなことを弁護士に相談できるかも分からない、という人も少なくないと思われますので、弁護士の仕事について紹介したいと思います。

弁護士はドラマの世界だけ、自分とは無関係と感じている方も、実は身近な問題についても弁護士に相談することで、スムーズに解決することがあります。日本における日常生活は、その全てが法に基づいて決められています。それ故に、法律の専門家である弁護士に相談することで、普通の人には思いもよらないような解決法やアドバイスを導き出してくれる可能性が高くなります

お金例えば、遺産相続について、お金持ちだけの問題ではなく、実は普通のサラリーマン家庭においても、トラブルが増えている傾向にあります。高齢化社会が進む現代では、成年後見という制度の利用、相続放棄、遺産分割等、家族や親族では手に負えないような場合には、第三者の立場から冷静な判断で解決に導いてもらえます。あるいは、親権や養育費、慰謝料等の離婚問題、過払い金や自己破産等の借金問題等、誰もが陥る可能性がある問題は身近に沢山潜んでいます。いざトラブルが発生した際に、慌てて間違った方向に向かわないよう、初期の段階で安心して相談できる弁護士を見つけておくという手もあります。ここでは、借金問題について紹介します。